オフセット印刷との違い




トナーを使ったデジタル印刷機での印刷になるので製版・インクの乾燥時間が
不要になります。
また、オフセットとは違い、刷りだしの紙も必要ありません。
ですので、小部数のものや短期間での印刷が可能です。
トナーの性質上、アミや広いベタ面はムラになりやすい。
トナーの定着成分によるテカリが若干出ます。
トナーの定着のために高熱がかかりますので、本に多少の波打ちが出ます。
凹凸の紙を使用した場合、トナーが入りにくい為若干白抜けが発生します。
トナーの印刷ですので、折った部分にトナーの剥がれが出る場合があります。
PP加工をする場合、紙の端の部分に濃い色やベタがあると、その部分よりPPが剥がれてくることがありますので、なるべく紙のフチに濃い色など使わないことをお勧めいたします。
オフセットとは違い、製版方法は選べません。
グレースケールデータは100線での出力になります。
主線やトーンのアンチエイリアスにはご注意下さい。





























































Copyright (C) 2010 Akatsuki Printing Ltd. All Rights Reserved. 
1KB SOZAI .